レーシックでよくあるトラブル

レーシック手術を受けた後、ほとんどの方が理想の視力を手に入れ、眼鏡やコンタクトレンズを手放し生活しています。
1.0以上の視力になる方がほとんどなので、見える生活を満喫しています。

しかし、やはり手術ですから、リスクを負うことになります。
中には、レーシックを受けたことでトラブルを抱える方も、残念ながらいらっしゃいます。

多いのが、過矯正と呼ばれるものです。
これはその名前の通り、近視矯正をし過ぎることです。
視力は良い方がいいことは確かにその通りなのですが、視力が良ければ良い程快適になるわけではないのです。
むしろ、目に負担をかけることにもなり、結果後悔することもあるのです。

過矯正になると、近くのものが見えにくくなってしまいます。
しかし、日常生活において近くのものを見ることももちろんよくありますから、不便に感じるようになります。

それだけではありません。
めまいや頭痛などを、起こしてしまうこともあるのです。
体調に影響してくることもあります。

できるだけ、この過矯正を防止できるように、慎重に進めて行く必要があります。
医師としっかりと相談しながら、進めて行かなければなりません。
どのようなトラブルを回避するためにも、同じことが言えます。

Copyright (C) メガネのいらない生活 All Rights Reserved.