レーシック手術の仕組み

視力を回復させるための手術として、レーシックはとても人気があり、注目されています。
そもそも、レーシックはギリシャで行われたのが始まりです。
その後、他の国でも行われるようになり、日本では2000年より受けることができるようになりました。

現在も、毎年多くの方がレーシックを受けて、良く見える視力を手に入れています。
レーシックは、角膜の表面をごく薄くスライスして、ふたのようなものを作ります。
それを静かにめくり、その間にエキシマレーザーで中を削ります。

そして、先ほど作っておいたふたを元に戻します。
これにより、角膜の曲率が変わることで視力が矯正されます。

手術が成功すると、眼鏡をかける必要もなくなりますし、コンタクトも不要です。
レーシックは、およそ20分程度でできる手術です。

もちろん、手術を受ける前には診察やカウンセリング、検査があり進められていきます。
手術を受けた後は、翌日検査がありますし、その後も定期検査があります。
レーシックを受けた方は、何も問題無く快適であったとしても、必ずこの定期検診を受けるようにしていただきたいと思います。

医師の指示に従って、安全安心のレーシックを受けたいものです。
又、不安なことがある方は医師に相談して下さい。

Copyright (C) メガネのいらない生活 All Rights Reserved.