レーシックで起こる可能性がある後遺症

レーシックには、どのような後遺症のリスクがあると考えられているのでしょうか。

レーシック手術は、毎年多くの方が受けられている手術です。
それでも、手術を受けた直後はドライアイになったり、ハロ・グレアになる方がいらっしゃいます。

ドライアイとは、目の渇きを感じる症状です。
又、ハロ・グレアとは、夜なると光が眩しく感じられたり滲んで見えるような症状です。
又、夜になると視力が低下することもあります。
眼精疲労を感じる方もいらっしゃいます。
過矯正により、近くが見えにくくなってしまったり、頭痛や吐き気を感じる方もいらっしゃいます。

視力は、確かに良い方が良いのですが、矯正し過ぎてしまうことは危険なのです。
レーシックに限ったことではありませんが、どのような手術でもリスクはあります。
その上で、手術を受けるか受けないか判断するでしょう。

しかし、できるだけ後遺症を遠ざけ、理想的な手術をする為には、やはりどこの病院で受けるかが非常に大切です。
経験が多く人気がる所であれば、色々なアドバイスもできるでしょうし、患者さんの気持ちに寄り添って、心配を取り除く工夫をしてくれると思います。
自分でどのような後遺症があるのか、どのような点に気を付ければ良いのか、理解してから申し込むことをお勧めします。

Copyright (C) メガネのいらない生活 All Rights Reserved.