レーシック手術の由来

現在、耳にすることも多くなったレーシック。
これは、視力を回復させるための手術です。
この手術を受けられる医療機関も、昔よりもとても増えています。

レーシックは、そもそもギリシャで初めて行われた手術です。
しかも、歴史はそれほど古くはありません。
1990年の話しです。

その後、時を経てアメリカでも行われるようになりました。
レーシック手術の際使用するエキシマレーザーの使用が認められたことで、アメリカでもこの手術を行うことができるようになったのです。

日本に入ってきたのは、その後です。
2000年に、エキシマレーザーの使用が許可されました。
その後、レーシック手術が日本でも受けられるようになったのです。

その当時は、それほど身近な存在ではありませんでした。
かかる費用も安くはなかったので、簡単に受けられるものではなかったのでしょう。
しかしながら、それでも2000年当時は年間約2万人の方が、この手術を受けて視力を回復されたそうです。
色々考えるところもあったかもしれませんが、それでも視力回復を強く望んだのでしょう。

現在は、ご存知のようにとても身近になっています。
一年間に、2000年当時のなんと20倍近くの方が、レーシックを受けているのです。

Copyright (C) メガネのいらない生活 All Rights Reserved.