レーシック手術が受けられない例

レーシックは人気のある手術です。
成功すれば、眼鏡やコンタクトレンズを使わずに見えるようになる、画期的な方法だと言えるでしょう。

現在、手術を受けたいと考えている方が、たくさんいらっしゃるのですが、中には残念ながら受けることができない方もいらっしゃいます。
レーシックを受けるには、適性検査を受けてクリアしなければなりません。

条件は色々あるのですが、角膜の厚さや状態もその一つです。
角膜が薄過ぎる方は、手術を受けることができません。
又、角膜に傷がある場合もできないことがあります。

目の病気や、糖尿病、膠原病、肝炎など、目以外の病気を患っている方も、レーシックを受けられない方がいます。
又、女性の方で現在妊娠されている方や授乳中の方も、手術を受けることはできません。

年齢制限もあります。
18歳未満の方も受けることができません。

職業によっては、許可されていない方もいらっしゃいますし、激しいスポーツをする方もできません。
この他にも、様々な条件があり、医師が判断することになります。
詳しく知りたい方は、医療機関に相談すると良いでしょう。

レーシックを受けて、多くの方が1.0以上の視力になっています。
まだ年齢的に難しい方も、将来可能な年齢になったら、又検討してみて下さい。

Copyright (C) メガネのいらない生活 All Rights Reserved.